Airbnbは好調だったが4年目初月から赤字に?すべてを一から見直して行こうと決意!

Airbnbは好調だったが4年目初月から赤字に?すべてを一から見直して行こうと決意!

Airbnbは好調だったが4年目初月から赤字に?

私はAirbnbのホストを2016年3月から始めている。
しかし、3月の客はタイ人の紹介によるものがほとんどだったので、Airbnbとしての実質開始は4月からだった。

それからの1年間は絶好調で、宿泊率が75%を下回ったのはたったの1ヶ月だった。そして2年目も好調が続いて、宿泊率が75%を下回ったのは2ヶ月に留まった。

しかし、3年目になるとなぜか不調になって、ほぼ半分の月の宿泊率が75%を下回る結果となった。とりわけ、部屋数を2部屋に追加した2018年9月以降の宿泊率はかなり低いレベルになっている。

それでも、収支計算はプラスかトントンで推移していたからまだ良かった。

ところが、 4年目の開始の2019年4月で、収支計算がいきなり赤字に突っ込んだのだ。そして、5月以降の予約状況を見ると、赤字幅が4月を大幅に上回るのは火を見るよりも明らかだった。

自信満々だったのは単なる過信だった

開始時からの2年間は絶好調で、その結果スーパーホストの勲章も継続していただいているので、「Airbnbのことなら何でも聞いてくれ」というくらいに私は自信満々だった。

しかし、いざ不調になってみると、景気が悪いのかそれとも価格設定に問題があるのか、私には全く原因がわからない。なので、現在の私は自信満々どころか自信喪失に陥ってしまっている。

要するに、私の自信は本物ではなくて単なる過信に過ぎなかったというわけだ。

赤字縮小のために部屋数を縮小しようとすると…

ともあれ、赤字幅が拡大するのを手をこまねいて見ているわけにはいかないので、まずは部屋数を2部屋から1部屋に減らそうと私は考えた。

すると、私の彼女がその部屋でAirbnbのホストを始めたいと言う。

そして、Airbnbに関するすべてのことを教えてほしいと言ってきた。

すべてを一から見直して行こうと決意!

なので、私はAirbnbのことを彼女に一から教えるのに並行して、自分のAirbnbのすべてを一から見直して行くことを決意した。

そうすれば自分の不調の原因がどこにあるか分かるかも知れないし、そうでなくてもAirbnbに対する理解を一層深めることができるだろう。

また、バンコクの周辺をガイドするコンテンツを彼女と共にたくさん作れば、それによって我々のAirbnbの付加価値を高めることができるだろう。

我々の連携がうまくいけば更なるビジネスの展望と共に彼女との関係も深まっていくだろうから、2人がハッピーになれるように頑っていくつもりだ!

Airbnbカテゴリの最新記事