ホタル観賞はバーン・カチャオ島がオススメ!住人にも癒やされる素敵な島!

ホタル観賞はバーン・カチャオ島がオススメ!住人にも癒やされる素敵な島!

バンコク都心近くにホタル鑑賞の穴場があった!

バンコクから車で1時間半ほどの距離にあるアンパワーではホタルが見れるというので、私はそこに2度足を運んでいる。

そこには確かにホタルがいたが、1度目は多数のホタルを観測したものの、2度目は数匹のホタルが数カ所に点在していただけなので残念な思いを感じた私だった。

その後になって、バンコク近郊で他にもホタルを見れるところがあると私はネットで知った。しかも、それは都心からわずかな30分の近距離という穴場らしい。

ということで、実地検分をしようとした私はさっそくサムットプラーカーン県のバーン・カチャオ島に向かった。

自然が豊かなこの島はサイクリングでも人気だというので、ホタル鑑賞の前にサイクリングを楽しんで、それからボート乗り場でビールを飲みながら暗くなるのを待った。

 

バンコク至近のホタルが見える島
バンコク至近のホタルが見える島

ホタル観賞はバーン・カチャオ島がオススメ!

ボートが出発したのは7時半だったが、アンパワーの時より1時間も遅いのにむしろこちらの方が明るかった。それはチャオプラヤ川に停泊している無数とも言える船の灯りのせいだった。

それを見た私は、「大きな期待は禁物だ」と観念した。

そんなことを考えるうちにボートは最初のポイントに到着。
船頭の親父が何か言うのは「ここにいるぞ」という意味だろうが…
残念ながら私はホタルを確認できなかった。

しかし、2番目のポイントで船頭の指差す方向に眼を向けると、今度は明確にホタルを見ることができた。

アンパワーでは数匹のホタルが数カ所に点在しているのを確認しただけだが、ここでは20匹程度の集まりを何カ所も確認できたので、私は満足だった。

これならば、時期が良ければ無数のホタルが見れるかも知れないと、私の期待は大いに膨らんだ。

よって、ホタル観賞ではアンパワーよりもバーン・カチャオ島がオススメだ。

住人にも癒やされる素敵な島!

ここのホタル鑑賞のボート料金は2人で150バーツ、3人だと200バーツ、それ以上は1人増えるごとに50バーツとなっている。

だから私は150バーツを払わなければならなかったのだが、200バーツを渡すと釣りが無いらしくて、なんと船頭は100バーツを返す素振りをみせたのだ。

このことで、船頭が観光客ずれしていない素朴で正直な人であることがよくわかった。

親切なレンタサイクル店の親父も、温かいボート乗り場のおばちゃんも、素朴で正直な船頭も、私がこの島で出会ったのは素晴らしい人たちばかりだった。

ここは豊かな自然やホタルだけではなくて、住人たちにも癒やされる素敵な島なのだ。

バンコクカテゴリの最新記事