ケップへの移動はミニバンがオススメ!トゥクトゥクは半値に値切るべし! カンボジア旅行記その4

ケップへの移動はミニバンがオススメ!トゥクトゥクは半値に値切るべし! カンボジア旅行記その4

ケップへの移動はミニバンがオススメ!

ケップへの移動のチケットはホテルのフロントで扱っていた。

フロントの青年の話では、ケップへの移動手段はミニバンとバスとがあり、それぞれが7ドルと10ドルということだった。

ミニバンは狭いしリクライニングができない場合が多いのでバスで行きたかったのだが、バスよりも1時間ほど早い3時間余りで着くし安いのだからと青年が勧めるので、それに従ってミニバンに決定する。

払った料金はホテルでのピックアップ込みの8ドルだった。

乗客は定員の半分だったが…

ミニバンの乗客は定員の半分ぐらいだった。

そのため、リクライニングもできてゆったりとした姿勢が取れたので、バスと同等の快適性となった。だから、フロントの青年の話に従って超正解だった。

しかし、満員にならなければ発車しないタイと、半分の乗車率でも運行してしまうカンボジアとでは大違いだと言うことをここで認識した。

こんな案配だと、カンボジアの運転手の賃金はタイの運転手の半分くらいにしかならないのではないだろうか?

トゥクトゥクは半値に値切るべし!

ミニバンはケップ経由でカンポットに行くのだと私は思っていたのだが、実際に到着したのはカンポットが先だった。

運転手も含めて私以外の全員が降りたのでそれ以上は行かないのかと心配に駆られたのだが、5分ほど後に私だけを乗せてミニバンはケップに向かった。車の少ない快適な道路を飛ばして30分余りでケップビーチに到着する。

ミニバンから降りると、私1人に対して数人の運転手が群がってきた。トゥクトゥクはここでも供給過剰なのかと心の中で苦笑いする。

運転手の最初の要求は5ドルだったかと思うが、私が2ドルを要求すると3ドルに値引きするもののそれ以上は譲らない。結局、間をとって2.5ドルで行くことになった。言い値の半値になったのだから妥当な金額だと思う。

私の宿はKepmandou Lounge-Barというものすごいチープな宿なのに、運転手はその場所をしっかりと知っていた。それはつまり、ケップという街がそれほどに小さいと言うことだろう。

カンボジア旅行記カテゴリの最新記事