True FitnessとJatomi Fitnessの会員層は大きく違う!階級社会はここにもあった?

True FitnessとJatomi Fitnessの会員層は大きく違う!階級社会はここにもあった?

True Fitnessは巨大ジム

私はバンコクに来てすぐにフィットネスジムに入会した。

それはTrue Fitnessと言って、バンコクのど真ん中のアソークにある巨大ビルディングのエクスチェンジタワーの中に入っている。

しかも、3階と4階の2フロアを占有する巨大ジムだから、場所的にも規模的にもバンコクナンバーワンのジムと言っていいだろう。

Jatomi Fitnessは新しいジム

しかし、経営不振が囁かれるようになってから私のお気に入りのボディジャムのクラスがなくなってしまったので、私は2017年の初めから別のフィットネスジムに移っている。

それはJatomi Fitnessというところで、バンコクでの開業は2015年だという新しいジムだ。

巨大ジムであるTrue Fitnessに比べると広さは3分の1にも満たないかも知れないが、新しいだけあって全てがピカピカだから、そこは老朽化しているTrue Fitnessよりも大きく勝っている。

True FitnessとJatomi Fitnessの会員層は大きく違う!

しかし、そのことよりも私が違いを感じたのは会員層の違いだった。

なんというか、イケている女の子がほとんどいないような気がするのだ。
つまり、パッと見で綺麗だというような娘が見当たらず、そして服装もなんとなく垢抜けないような気がする。

もっと違いが明らかなのは、ボディジャムの踊りにまともについてこれる娘が少なすぎるということだ。

True Fitnessでは私は上手い方ではなかったので2列目以降に位置を取っていたのだが、Jatomi Fitnessでは私より上手いと思えるのは2~3人しかいないので、やむなく最前列に位置を取っている。

そして、踊りが新しいナンバーになっても、若い娘の覚えるのは老人の私よりもむしろ遅いような感じなのだ。

これらのことから私が出した結論は、「True Fitnessの会員よりもJatomi Fitnessの会員の方が頭が劣っている」ということだ。

そう考えれば、垢抜けないことも覚えが遅いことも説明がつく。

階級社会はここにもあった?

そして、2つのジムでどうしてこれだけ色分けがはっきりしているのかと考えて、それは階級社会のせいではないかという考えに至った。

つまり、上流階級の人たちは経済力が高いから高学歴のために頭が良く、したがって物覚えがいいから踊りがうまく、そしてセンスがいいから見た目もいいのではないかということだ。

だから、True Fitnessは富裕層向けのジムで、Jatomi Fitnessは庶民層向けのジムなのだろうと言うのが私の想定だ。

それはさておき、老人の私が最前列に位置を取るというのも出しゃばり過ぎの気がしなくもないから、今年いっぱいでJatomi Fitnessに2年間通ったら、来年からは心機一転して新しいフィットネスジムに通おうと考えている今日この頃だ。

随想カテゴリの最新記事