日本のガン治療は根本的に間違っている?治せない医師とはおさらばだ!ガンは3ヶ月で簡単に治る①

日本のガン治療は根本的に間違っている?治せない医師とはおさらばだ!ガンは3ヶ月で簡単に治る①

ガンは3ヶ月で簡単に治る

現代の日本の死亡原因は「ガン」がダントツの1位になっている。
そのため、「ガンは不治の病」というのが世間の一般常識だ。

しかし、医師の宗像久男(むなかた ひさお)先生は、「ガンは3ヶ月で簡単に治る」と強く主張している。

それなのにどうして治らないかというと、日本の医師のほとんどがガンの治し方について無知無能だからだそうだ。

そして、そのような医師に患者が命を預けるという愚かな行為をするから、ガンで亡くなる人が後を絶たないのだという。

抗ガン剤でガン死亡が5倍に急増!

戦後から70年も経過して医療技術も大幅に進歩しているはずなのに、ガンで死亡する人が現代では戦後の5倍にも急増しているというのはどういうことなんだろうか?

じつは、抗ガン剤はガンに効かないどころか、むしろ造ガン剤と言っても差し支えない代物だという認識が欧米では1990年代から広まっているそうだ。よって、欧米ではその頃から抗ガン剤治療を止めているので、ガンで死亡する人は減少しているという。

それなのに、日本では未だに効かない抗ガン剤による治療が続いている。これは、正しい情報が日本に入ってきていないのが原因なのだそうだ。

日本のガン治療は根本的に間違っている?

抗ガン剤は劇薬だから、患者の体に甚大なダメージを与える。
また、放射線は大やけどを、そして手術は大怪我を患者に与える。

いずれも患者の体を著しく痛めつけるものだが、そこまでしても患者の生存率は1割か2割というのが現状だ。

多大なお金と命をかけてガン治療を受けた結果がこれでは誰も納得できないだろう。それなのに黙って結果を受け入れるなんて、日本人は全くどうかしている!

ともあれ、こんな現状ではとても治療と言うに値しない。戦後から現在までのガン死亡の急増は、日本のガン治療のあり方が根本的に間違っていることの確かな証明なのだ

治せない医師とはおさらばだ!

だから、今後は医師に対する姿勢を改めなければならない。
「私は素人だからすべて先生にお任せします」ではダメなのだ。

無知で無能な医師に自分の命を預ける愚行は、もうここで終わりにしよう。

したがって、「私の病気を治していただけますか?」と医師に聞くべきで、もしも、「治るかどうかはやってみなければわからない」というのが答えならば、そんなヤブ医者とはさっさとおさらばするべきだ。

「あなたの病気を責任持って治します」という医師にはまずはお目にかかれないと思うが、そのときは宗像久男先生を訪ねて先生の治療法を実践してみると良い。

抗ガン剤や放射線や手術による治療で痛くて苦しい思いをした上に殺されるか、楽な上に遥かに安い治療法で生き残るかは、あなたの判断一つにかかっている!!

健康カテゴリの最新記事