Airbnbの部屋は駅近が必須だ!布団を使って広さを演出しよう!

Airbnbの部屋は駅近が必須だ!布団を使って広さを演出しよう!

Airbnbのホストを始めるには、まずはゲストが泊まるための部屋が必要だ。

あなたの住まいに空き部屋があればそれを使えば良いが、無い場合には新たに部屋を借りることが必要になる。

その際に考えるべき注意点をAirbnb歴2年の私が説明しよう。

駅近が必須の条件だ

チェックインとチェックアウトの場合はともかくとして、それ以外のお出掛けの時には駅まで歩いて行ける宿泊先を選ぼうとゲストは考えることだろう。

従って、物件選びの条件は駅から徒歩で10分以内というのが必須になる。

日本の部屋は狭いと知るべし

私はバンコクのアパートの1室でAirbnbをやっていて、25㎡強の広さの部屋を2人部屋として提供しているが、この広さは諸外国では平均的なものだと言えるだろう。

一方の日本では15㎡程度の広さのダブルの部屋をビジネスホテルなどでよく見掛けるが、これは外国人にとっては不満を感じるレベルの狭さだと思う。だから、それを狭いと感じない日本人の感覚は他の国の人の感覚とは大きく異なるのだと言うことを認識しておきたい。

Airbnbのゲストは外国人が多いので、シングルベッドなら15㎡以上、ダブルベッドなら20㎡以上、ツインベッドなら25㎡以上の部屋を確保するのが良いだろう。

布団を使って広さを演出しよう

2人で眠るならクイーンサイズ以上(幅160cm~)のベッドでないと窮屈だと感じるだろう。望ましいのはキングサイズ(幅180cm~)のベッドだ。

キングサイズのベッドだと6畳間なら3分の2ぐらい埋まって窮屈な感じになるので、その場合はベッドよりも布団にすべきだろう。もう少し広い部屋を確保できたとしても、部屋が広いという印象を持ってもらうためには布団の方が良いと思う。

外国人ならばベッドのほうに親近感を感じることは間違いないが、布団という日本の文化を体験することが良い思い出になる可能性もあるので、ベッドよりも布団にすることを私はオススメする。

シンプルで広い部屋が良い

私がバンコクで借りたアパートの部屋には、エアコン、テレビ、冷蔵庫、衣装ロッカー、ドレッサー、テーブルと椅子、ワイヤレスインターネットが初めから付いていた。

このうち必須なものは、エアコン、テーブルと椅子、ワイヤレスインターネットの3つで、衣装ロッカーは無くてもハンガーラックがあれば大丈夫だ。

ベッドとベッド備品も初めから付いていたが、洗濯に備えてベッドカバーと枕カバーと布団カバーは追加購入が必須だった。

それ以外で購入したのは扇風機、ヘアドライヤー、電気ケトル、アイロンだが、必須なのはヘアドライヤーくらいのもので、電気ケトルはあったら良く、扇風機はオマケというところだ。

ソファーなどの備品があれば見た目の良さに貢献するかも知れないが、それによってスペースが占有されれば部屋が窮屈になってしまうので、充分な部屋の広さがなければそんなものは置かないほうが良い。

2人分のスーツケースを開いて床に置くにはそれなりのスペースが必要になるので、余分なものを余り置かないでシンプルで広い部屋を目指すのが良い。

鍵の受け渡しは暗証番号付きキーボックスが良い

ゲストと鍵の受け渡しをすることは、ホストにとって最も重要な仕事の1つだ。

一番確実なのはゲストに直接鍵を手渡すことだが、会う時間を決めたとしても飛行機が遅れたり道に迷ったりすれば数時間待たされることが十分に有り得るから、この方法は現実的では無い。

オススメの方法は「暗証番号付きキーボックス」を郵便ポストの中などに置いておくことだ。これならば暗証番号を事前に知らせておけば、ゲストは好きな時間に到着して鍵を受け取ることができる。

但し、オートロック付きマンションの場合は、建物内部の郵便ポストなどに辿り付けないからこの手段は使えない。マトモでない方法ならば郵便ポストなどに辿り付けるが、それは好ましくないのでAirbnbではオートロック付きマンションの物件は外すとしよう。

宿泊料金の目安はすぐわかる

私はAirbnbで稼働率8割以上をキープして、それによって賃貸料金の約2倍の収入を得ている。

自身の物件の近所にあるAirbnbの写真と料金を参考にすれば宿泊料金の目安がわかるから、それで運営すれば集客につまずくこともないだろう。

しかし、最初からそれにするのではなくて近所の最安料金でスタートして、先ずは集客と良いレビューの収集に専念し、様子を見ながら徐々に料金を上げていくことをオススメする。

最後に

主な注意点をおさらいしよう。

・駅近が必須の条件だ
・布団を使って広さを演出しよう
・鍵の受け渡しは暗証番号付きキーボックスが良い
・宿泊料金の目安はすぐわかる

上記の注意点に従って物件を確保できれば、誰でも簡単にAirbnbを始めることができる。

Airbnbはインターネット上に優れたインフラを持っているから、優良な物件だったら集客は容易で、安定した採算ベースに乗せることはすぐに可能になるだろう。

良いレビューが集まれば優良な物件だというアピールになるから、最初の数ヶ月は採算を度外視してでも良いレビューを集めることに集中することをオススメする。

 

 

 

Airbnbカテゴリの最新記事