Airbnbは自由と共存できるグッドビジネス!オンライン作業はたったの数分?

Airbnbは自由と共存できるグッドビジネス!オンライン作業はたったの数分?

Airbnbは時間的自由が大きい

飲食業などの仕事をしていれば、客がいる時間中は接客に従事していなければならない。また、会社勤めをしていれば、勤務時間中は会社に出勤して仕事をするのが一般的だ。

だから、仕事をしている限り時間と場所の自由を拘束されるのは避けられない。

しかし、ホテル業の場合には拘束される時間はごく僅かで済む。清掃された部屋があれば、最低限のサービスとして必要なのは鍵の受け渡しくらいだからだ。

Airbnbもホテルとほぼ同様なので、時間的自由が大きいという点では魅力的なビジネスだ。

Airbnbのオンライン作業はたったの数分?

Airbnbでまず必要なのは予約関連の作業だ。
これには次のようなものがある。

・予約前の質疑応答
・予約受付
・宿までの道案内や鍵の受け渡し方法やその他の案内

これらはすべてオンラインで行われるので、メール環境さえ整っていればどこにいても作業ができる。だから、一定の時間ごとにメールチェックさえすれば後の時間は全くの自由だ。

Airbnbのインフラは良く整備されており、予約と支払いはゲスト側の手続きだけで自動的になされる場合が多ので、その場合に必要なのは予約受付後の各種案内だけだ。

それを事前にPDFなどにまとめておけば、予約関連の作業をたったの数分で済ますこともできる。

現地で必要な対応

一方で、現地にいなければ対応できないこともあって、それは以下のことだ。

・ゲストの受付
・到着時とトラブルの対応
・清掃

ゲストの受付

Airbnbではゲストとの間で現金のやりとりはないので、受付で必要なのは鍵の受け渡しが主たるものだ。

私の場合はアパートのスタッフに手当てを渡してそれをお願いしているが、自宅などでAirbnbをやっている人は家族の誰かがそれに対応できるだろう。

それが不可能な場合には、キーボックスかデジタルキーなどでの対応とすればいい。

到着時とトラブルの対応

到着時にホストが出迎えして観光案内などの助けができれば、それはゲストに安心感と嬉しさをもたらすことだろう。また、トラブルがあったらホストが直接対応すれば真摯な姿勢が伝わるに違いない。

でも、ホストが留守中のトラブルも有り得るので、その場合には代人に対応させて誠意を見せたいものだ。私の場合は対応をパートナーにお願いして、トラブルの解決ができなかったときには値引きなどで謝意を伝えていた。

しかし、サービスの程度に上限はなく、コストを度外視してサービスをすることもできないから、現状でできる最大限のことをするしかないと、そこは割り切って考えることにしている。

清掃

現地での対応で最も手間がかかるのは清掃だ。

部屋が綺麗かどうかは第一印象で判断されると思うので、手抜きをしないでしっかりやることにしている。

だから、自分できっちりやるか、もしくは信頼できる人に任せることになる。

Airbnbは自由と共存できるグッドビジネス!

信頼できる人か業者に清掃を任せることができて、到着時とトラブルの対応を割り切るならば、Airbnbの運営は旅をしながらでもすることができる。その上、それに要する時間はごく僅かでいい。

あるいは、Airbnbにある共同管理というシステムを使えば、信頼できる共同管理者に全てを任せることで同じことができるのだ。

だから、宿泊料と物件数がある程度のものを持っていればほとんど何もしないでも存分に稼ぐことが可能で、カリブ海に物件を持ってチェンマイで悠々自適に暮らす私の友人女性はそれを現実にしている。

場所も時間も自由になるので、Airbnbは自由と共存できるグッドビジネスなのだ!

Airbnbカテゴリの最新記事