日本人はものすごくバカになった?テレビや新聞をシャットアウトすべし!

日本人はものすごくバカになった?テレビや新聞をシャットアウトすべし!

日本人はものすごくバカになった?

ある日本のニュース番組の出演者の話によると、最近の日本人はものすごくバカになっているという。

それはその人の考えではなくて、ロンドンにしばらく住んで日本に帰国した日本人の話しの紹介だった。出演者自身もそれを聞いた時には愕然としたという。

どうして日本人がそれほどバカになったかというと、それはなんといってもマスコミが元凶だと言えるだろう。

つまり、マスコミは視聴率の取れる番組しかやらないから低俗な番組ばかりになり、そんなものばかりを見ていれば大衆がバカになるのは当然だと言うわけだ。

もっとも、視聴率を決めるのは大衆なのだから、問題があるのは大衆とマスコミの双方ということになろうか…

テレビや新聞をシャットアウトすべし!

マスコミによる愚民化を避ける一番の方法は、テレビや新聞をシャットアウトして、代わりにネットから情報を得ることだ。ネットには全方位の情報があるので、偏向したマスコミよりもはるかにマシと言えるだろう。

最近ではマスコミのニュースソースはネットからの情報がかなりの割合を占めているそうなので、ネットの情報がマスコミの情報よりも格下だと考える必要はサラサラない。

ただし、ネットの情報はかなりの玉石混合なので、信頼できる情報かを見分ける能力を身につける必要はある。

空気を読むとバカになる!

日本人がバカになったもう一つの理由は「空気を読む」という独特の習性によるものだろう。

「空気を読め」というのは「その場の雰囲気に見合う行動をしろ」ということだから、具体的に言うと「独自の行動を慎んで集団の意思に従え」ということだ。

こうしたことが習慣になれば、自分で考えることをやめて他人の指示を待つ人間に成り下がるしかないだろう。

それはつまり、優柔不断で使い物にならない人間だというわけだ。

自分の人生を自由に生きる!

でも、我々は決してこんな人間になるために生まれてきたのではない!

自分の人生はあくまで自分のためのものだから、自分の思った通りに生きて楽しい人生になるのが一番だ。

だから、どこの誰が作ったのかもわからないくだらないルールなんてくそくらえにして、他人の意見に盲従することも即刻やめにしよう。

そうすれば自分の人生を自由に生きることができるが、結果もすべて自己責任だ。

随想カテゴリの最新記事