シュノーケリングツアーに出発!最悪のツアーを改善すべし!:グエサウンビーチその3

シュノーケリングツアーに出発!最悪のツアーを改善すべし!:グエサウンビーチその3

シュノーケリングツアーに出発!

私がビーチに行くのは魚を見たいからだ。

従って、グエサウンビーチでも抜かり無くシュノーケリングツアーを申し込んでいる。それは8時半ごろのピックアップの後に2つの島を回り、3時半ごろに終了するというものだった。

集められた客は9時ごろに出発地点のlovers island付近のビーチに到着。ビーチが遠浅のために最初は小型のボートに乗り、150メートルほどの沖合で大きめのボートに乗り換えた。

それがスタートしたのは9時半頃で、エンジン音さえも旧式な木造のボートに乗って1時間半ほどして最初の島にたどり着いた。海はほとんど凪の状態だったので、船酔いを心配した私でも酔うことはなかった。

最初の島では昼食だけで2時間の滞在?!

11時ころの到着だったが、最初の島での上陸の目的は昼食なのでシュノーケリングはしないという。そして、1時の出発予定なので約2時間の滞在予定だそうだ。

「おいおい、昼食だけだったら30分もあれば充分なのに何で2時間も滞在するの?」

このように私は思って、だったらシュノーケルを貸して欲しいとスタッフに言ったが、その言葉を理解してはもらえなかった。

他の人達はどうかと言うと、食事が済んだ多くの人たちは山の頂上の絶景ポイントまで登っていったようだ。

私は前日夜に知り合ったスウェーデン人の男性と一緒にビールを飲みつつ、のんびり昼食をとった。

それでもまだ時間は充分にあるので、スウェーデン人の男性と一緒に海に入った。まずまずの透明度だったので魚を見れる可能性はあると思ったが、シュノーケルが無いので実際に見ることは叶わなかった。

そんなことをしているうちに昨日3,500チャットで買ったばかりの帽子を海に流してしまった。しかし、しばらくして10数歳の男の子2人連れが拾ってくれたことが分かったので、それを受け取って500チャットずつの駄賃をあげた。

こんなに透明度のある海で昼食だけ?
こんなに透明度のある海で昼食だけ?

ようやくシュノーケリングタイム

1時過ぎにその島を出発したボートは、約1時間半後に2番目の島に到着した。

そして、今回のシュノーケリングツアーで唯一のシュノーケリングタイムとなった。滞在時間は1時間余りとのことだ。

時間のせいか日光の差し込みが島の岸壁で遮られて、本来は岸壁付近にたくさんいるだろう魚を見ることができなかった。

それでも、岸壁から少し離れたところで多くの魚を見ることができ、水の透明度は抜群と言って良いものだった。

最悪のツアーを改善すべし!

今回のシュノーケリングツアーは私の今までの経験の中で最悪のものだった。

シュノーケリングの目的で集まった人たちにその機会を満足に与えていないのだから、良し悪しを評価する以前の問題とも言えようか。

・一般的には3回から5回くらいのシュノーケリングをするので、最低でも3回くらいのチャンスを与えるようにツアーを企画する必要がある
・そのためには、魚のいそうなポイントと多くいそうな時間帯を調べておく必要がある
・乗船やシュノーケリングを長時間にすると客が飽きてしまうから、時間をうまくスケジューリングする必要がある
・外国人の客も想定しているのならば、スタッフが英語をしゃべれる必要がある

こうした基本的な事をした上で食事とかデザートとかに工夫をこらせば、評価が上がってツアーの人気も出てくることだろう。

現状ではこれらの事がほとんどできていないので、私のように「もう二度と行くものか!」と思う人が多かったとすれば、それは大きなビジネスチャンスの喪失になるに違いない。

逆に言うと、これらの改善をすれば現状ではライバルに勝てると思うので、それができる人が大きく稼げる可能性は高いと言えるだろう。

ミャンマー旅行記カテゴリの最新記事