ベトナムの食事や交通や人間性などを総括してみる ベトナム旅行記その17

ベトナムの食事や交通や人間性などを総括してみる ベトナム旅行記その17

ベトナムの食事は安くて美味しい!

ベトナムの食事と言ったらフォーとバインミーを外して語る事はできないだろう。

安くて美味しいベトナムの大衆食で、屋台での値段はそれぞれが2万ドンほどだから、両方食べても約200円で済むというわけだ。

私は麺もパンも大好きだから3食ともフォーとバインミーでも構わないが、私以外にもそういう人は多いことだろう。

タイ料理は辛いのであまり好きではない私だが、ベトナム料理は日本食に近い味付けなのでとても美味しいと感じる。

料理の美味しさではベトナムは超オススメの国だと言えよう。

ベトナムはいつも憂鬱な天気だった

私は今回の旅を含めてハノイとホーチミンを合計で3回訪れているが、雨が降ったり曇ったりで湿度も高く、3回ともぐずついて憂鬱な天気だった。

一方で、バンコクの場合は降り出したらどしゃ降りで手が付けられないが、1時間もすればカラッとあがって陽が射してくるので、憂鬱な天気が続くということはない。

したがって、天候に関する私の評価は、「ベトナムはタイより劣る」というものだ。

しかし、私がベトナムに行ったのは3回ともたまたま時期が悪かったのかも知れないし中部のニャチャンはカラッと晴れていたので、私の評価はまだ確定には至らない。

ベトナムの交通は最悪!

バンコクに来た当初の私は「タイの交通はなんて危険なんだ」と驚いたのだが、ベトナムの交通はそれよりもっと酷いので驚きを通り越して呆れるばかりだった。

その主因はバイクの無法通行にある。

・並列走行・斜め走行・逆進・方向指示なし・優先順位無視などはあたりまえ
・そもそもバイク運転者は交通ルールを知らないと思われる
・他者を押しのけて走ろうとするからクラクションをやたらと鳴らす
・歩行者を見ても止まらないので道路の横断は危険がいっぱい

ということで、運転者も歩行者も常に危険と騒音にさらされているので、それによるストレスも半端なくあることだろう。

交通に関して言えば、ベトナムは最悪の国だと言えるだろう。

ベトナムでは盲人マッサージがオススメ!

タイのマッサージ料金が250バーツでチップが100バーツだとすれば、合計は日本円で約1,200円になる。一方、ベトナムのマッサージ料金が20万ドンでチップが10万ドンだとすれば、合計は日本円で約1,500円ほどだ。

物価や所得がタイより低い事を勘案すると、ベトナムのマッサージ料金は1,000円以下が妥当だと思うので、1,500円はかなりの割高だと言えよう。加えて、ベトナムのマッサージはタイに比べて技術的にも劣ると私は思っている。

だから、タイマッサージに親しんでいる私としては、あまりベトナムのマッサージを受ける気にはならない。

しかし、盲人マッサージとなれば話は違う。

盲人マッサージの売りは技術でしかないからしっかりとしたマッサージが期待できるし、チップを含めても料金は1,000円以下と格安だ。

従って、ベトナムでマッサージを受けるなら盲人マッサージがイチオシだ。

ベトナム人の人間性

こちらが譲れば相手も譲るということで、日本では譲り合うことが美徳だと考えられているが、この考えは日本以外ではほとんど通用しないらしい。

つまり、自分さえよければ他人はどうなってもいいという利己主義が諸外国の主流ではないかと思うのだ。

ベトナムではそれが典型的なようで、交通ルールは無いに等しいし、ボッタクリは日常茶飯事だし、親切に見せかけて他人を騙すことも平気で行われているようだ。

従って、温かい人間性に触れて身も心もリラックスするのが望みならば、それをベトナムで叶えるのは難しいと言えよう。

ベトナム旅行を楽しむためには、ベトナム人の人間性をしっかり把握して、それに対する備えをしていくことが求められる。

ベトナム旅行記カテゴリの最新記事