運動後にはストレッチが必要!ストレッチのミソは痛気持ちいい?

運動後にはストレッチが必要!ストレッチのミソは痛気持ちいい?

体力維持にはスポーツジム

私は体力を維持するために週に3回ほどスポーツジムで運動している。

やっているのは主としてグループエクササイズで、ボディジャムと言うダンス系のエクササイズとボディコンバットと言う武闘系のエクササイズの2クラスのレッスンを受けるのが通例になっている。

私はそれぞれの動きに力を込めて目一杯やっているから、2つのクラスを連続して約2時間動き続けるともはやクタクタになる。だから、帰って夕食を食べた後は大抵バタンキューだ。

30日スクワットの追加で疲れが取れない

私はそれに加えて30日スクワットを半月ほど前から始めている。

見るに耐えないお尻を何とかしようとして見付けたのがこのトレーニングで、「30日間でヒップアップ」という謳い文句にひかれて始めたものだ。

最初は50回から始めるから大したことはないのだが、最後は250回にもなるというから相当にハードなものになることだろう。

私の場合は脚を伸び切らないようにして常に負荷をかけ続けるスクワットをやっているので、30回近くになると脚が疲れてプルプルの状態になる。

よって運動効果の手応えは充分なのだが、スクワットの疲れとグループエクササイズの疲れによって、今度は一晩休んでも疲れが取れないほどになってしまった…。

運動後にはストレッチが必要!

これでは本末転倒だからなんとかしなければならないと思って調べてみると、運動の後にストレッチをやることが必要だということがわかった。

つまり、筋肉を疲労蓄積の状態のままにしないで、ストレッチで疲労を解消することが求められているのだ。

ストレッチの効果は以下の通り。

・乳酸などの疲労代謝物質を血流によって筋肉から解消する
・疲労を解消すると筋肉のパフォーマンスが向上する
・したがって短期間で筋トレの効果が現れてくる
・筋肉をクールダウンさせると副交感神経が優位になる
・そうなると質の良い睡眠が取れる
・質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促す

ストレッチというのは体を柔軟にするだけのものだと思っていたので、様々な動きのある運動をしていればストレッチの必要はないと私は考えていた。

しかし、その考えは大いに間違っていたようだ。

運動後にストレッチをすれば筋トレの効果が向上するとともに成長ホルモンの分泌も促されると言うのだから、それをしないと言うことは働いた後に賃金をもらわないことと同じになる。

まさに愚の骨頂でしかないと言うわけだ。

ストレッチのミソは痛気持ちいい?

ストレッチをするときには3つの注意点があるという。

・反動を使わない
・痛くなるまでやらない
・呼吸を止めない

ストレッチというのは運動で収縮した筋肉を意識的に伸ばすことだから、筋肉に負荷をかけたり傷つけたりしないようにリラックスして行うための注意点が以上の3つだ。

したがって、頑張らずに「痛気持ちいい」ところで止めることがミソなのだという。

健康カテゴリの最新記事