120%の体力で疲れ知らず??運動を怠るとデメリットがいっぱい!

120%の体力で疲れ知らず??運動を怠るとデメリットがいっぱい!

120%の体力で疲れ知らず?

私が通っているバンコクのジムには逆三角形の体付きで筋肉隆々の男たちがたくさんいる。

そういう体付きは羨ましくもあるが、かと言って多大な手間暇を見た目のためだけにかけようとまでは私は思わない。

還暦を過ぎた私としては、日常生活で考えられるあらゆる行動を余裕をもってこなせるだけの体力があればそれで充分だと考える。

そのためには、普段の行動の120%の負荷をかけたトレーニングをして、それに耐えられる体力を付けることが必要だ。トレーニングは疲れるから楽ではないが、代わりに普段は疲れ知らずになるからメリットは充分にあると言えよう。

運動を怠るとデメリットがいっぱい!

逆に面倒臭がって運動を怠ると、多大なデメリットが考えられる。

・運動をしないと足腰が弱り、腰や背中が丸まってくる
・腰が丸まると腰痛や腰曲がりを引き起こす
・加えて、内蔵圧迫で内臓や心肺の機能が低下する
・運動をしないと脂肪が蓄積しやすくなり、肥満につながる
・肥満になると生活習慣病の可能性が高まる

まだまだある。

・筋肉が弱るとつまずいたり転びやすくなる
・加えて、骨密度が低下するため骨が折れやすくなる
・骨折すると体を動かせないので、筋肉がますます弱る
・筋肉量が減ると血流量が低下し、体温も低下する
・体温が低下すると抵抗力も低下し、風邪をひきやすくなる
・血流量の低下は冷え性やコリを誘発する

運動に楽しみを見出す!

運動不足を解消するために運動が必要だと言っても、日常生活をこなせる体力にプラスアルファがあれば良いのだから、それほど大げさに構える必要も無い。

毎日30分程度を早足で歩き、腕立て伏せと腹筋とスクワットを数十回ずつやっていればそれで当面は充分だと思う。

これなら誰でもどこでもできるから、運動不足を解消するのは易しいことだ。

最大の問題はいかにそれを継続するかということで、そのためには運動の楽しさとか意義を見出すことが大切だと言えるだろう。

私はスポーツジムのグループエクササイズに楽しみを見出したので、バンコクではずっと運動が継続できており、そのためすこぶる良い体調が続いている。

健康カテゴリの最新記事