タイ女性の貞操観念は高い?献身的な女性を日本人が支えよう!

タイ女性の貞操観念は高い?献身的な女性を日本人が支えよう!

タイ女性の貞操観念は高い?

意外なことだが、タイ女性の貞操観念は日本の女性よりもはるかに高いという。

「嘘でしょう?」と私はすぐに思った。
タイは風俗産業が盛んなことで有名で、一般の女性でも簡単に落とせるという噂をいくらでも聞いていたからだ。

そこで調べてみると、中流階級以上の女性は貞操観念が非常に高いのだが、下流階級の女性はそうでもないと言うことがわかった。

つまり、資産のある中流階級以上の女性は教育水準が高いから収入の多い役職に就くことができ、それらの女性は貞操観念が高いのだと言う。

一方、資産のない下流階級の女性は教育水準が低いので収入の少ない仕事しかすることができず、それらの女性の貞操観念は低いようだ。

要するに、貞操観念が高いか低いかは収入の多い仕事ができるかどうかによると言うことがわかった。

貞操観念を犠牲にしてでも稼ぐ?

バンコクに比べるとタイの地方の所得水準は半分ほどしかなく、近隣諸国の所得水準はそれをさらに下回るそうだ。だから、バンコクには地方や近隣諸国から多くの人が出稼ぎに来ている。

そして、その中には子供を両親に預けて出稼ぎに来ている女性も少なくないから、女性らは稼ぎの中から多くの仕送りをしなければならない。

しかし、教育水準の低い女性らの就職先は飲食店や小売業などが一般的だから、1万バーツ程度の稼ぎでは満足な仕送りなど望むべくもなく、したがってもっと稼げる風俗業にやむなく流れていくのだ。

「簡単に落とせる女性」というのはこうした女性だろうから、何も女性らが好き好んで男に抱かれているのではないと考えるべきだろう。

つまり、女性らは貞操観念が低いわけではなくて、それを犠牲にしてでも稼がなければならない立場にあるということだ。

献身的な女性を日本人が支えよう!

そういう女性らにどのように対応するかというと、お互いのニーズを満たすように行動すればいいと私は思う。つまり、女性の稼ぎに協力する代わりに女性の体の奉仕を受けるということだ。

こういう行為は良くないと言われているが、良識の観点から自分が止めたとしても他の人に代わるだけだから、事態は一向に改善しない。

だったら、献身的に稼ぐ女性に敬意を表して、真面目で優しくてお金持ちの日本人が女性を支えるのはアリだと思う。

もっと女性を支えて上げたいと思うならば、女性をミヤノイ(愛人)にすればいい。

ミヤノイの相場は2万から3万バーツ程度だそうだから日本円で言うと10万円以下だ。その場合は女性は複数の男のミヤノイになるのだろうが、その金額では仕方がないだろう。

年寄りがわずかなお金で若い愛人を持つことができ、女性は優しい日本人に支えてもらえるのだから、お互いにウィンウィンの関係になるのは難しくないと私は思う。

人生は出会いだカテゴリの最新記事