美容師の女性を部屋に誘う…素晴らしい時間を共有した!:ThaiCupid 10

美容師の女性を部屋に誘う…素晴らしい時間を共有した!:ThaiCupid 10

美容師の女性を部屋に誘う…

最初のデートから2日目の午後に、「退屈だからどこかに行きたい」と美容師からメッセージが入った。チャンス到来と思った私は、「だったら私の部屋に来る?」とボールを投げてみる。

返答が遅いので「直球すぎたかな?」と思った私は、「どこに行きたいの?」と違うボールを投げてみた。

帰ってきた返事は、「店は暇だから退屈だし、外は暑いし」ということだった。

なので私は、「まあ、そんなもんでしょう」と言って、「やっぱり私の部屋に来てビールを飲まない?」と続けた。そして、「私の部屋を見てもらうのは私の生活を知ってもらうためだから心配しないで」と付け加える。

ここは考えどころだと見えて、10数分の長考の後に返答があった。
答えは驚きの「OK」!

会うのは夜で良い?と揺さぶりをかける

思いがけない答えに喜んだ私は「今日か週末のどちらにする?」と尋ねた。
これには30分近くの長考があった。

そしてまたしても驚きの、「今日がいい」という返事だった。
そこにはきっと重い決断があったのだろう。

でも、「今日はフィットネスに行く日だから会うのは21:30で良い?」と私は嘘を言って揺さぶりをかける。返答が遅いので、「部屋を見てナイトマーケットで食事するだけだから心配は要らないよ」とまたも付け加えた。

後がないと思ったのか、今度の彼女の長考は30分を超えた。
でも、答えは変わらずの「OK」だった。

彼女との再会

約束の時刻にわずか遅れて、彼女は待ち合わせ場所のアソーク駅に現れた。

今日はスリットの入った黒のワンピース姿だった。痩せているのでセクシーには見えない彼女は、パンツ姿の方が似合っていると私は感じた。

我々はまたも手を繋いで地下鉄駅に向かって歩く。
そして、今後も訪れてくれるだろう彼女のために地下鉄カードを買ってあげた。

地下鉄を降りた我々は部屋に行く前にナイトマーケットに行ったのだが、もはや彼女はそれに異論を挟むことはなかった。大人の女性なのだから、今後にどのような展開が待ち受けているのかは承知しているようだ。

彼女は皮膚の色がやや黒いのだが、それは彼女がイサーン出身だからのようだ。

彼女はバンコクの人と地方の人の違いを語って、地方の人が本来のタイ人であると強調した。そして、地方の人はとても暖かく自然はとても素晴らしいので、ぜひともそれを見に来てほしいと続けた。

それを聞いた私は地方への関心が大きく膨らんだので、彼女と一緒にそれを見に行きたいという気持ちが大きくなっていた。

素晴らしい時間を共有した!

ナイトマーケットからアパートに行く途中のコンビニでビールを買い、部屋に到着した我々はそれで乾杯する。

そしてビールを飲み終わった私がシャワーを浴びるように言うと、彼女はそれにすんなりと従ってくれた。バスタオル姿で現れた彼女に続いて私もシャワーを浴び、それから我々は素晴らしい時間を共有した。

翌日の朝は私がご飯を炊いて、買っておいたおかずで朝食をとった。
私は最高の米を使っているので、彼女もきっと美味しいと感じてくれたことだろう。

でも、彼女は私の3分の1ほどの量しか食べなかったので、これでは痩せているのも当然だろうと思えた。

駅までの5分の道を彼女は1人で歩けると言ったので、私は帰る彼女を手を振って見送った。

人生は出会いだカテゴリの最新記事