彼女との別れは前触れもなく訪れた!友達として今後も繋がっていたい…

彼女との別れは前触れもなく訪れた!友達として今後も繋がっていたい…

彼女との別れは前触れもなく訪れた!

私の彼女は家族に会うために母国のベトナムに帰ったのだが、10日間くらいで帰るだろうと待っていてもちっとも帰って来る様子がなかった。

そこでどうしたのかと電話をしてみると、最初は「バスの都合が付くまで待って」と言ったが、次には「家の修理があるから」になって、その後には「ベトナムで暮らしたい」と返事が変わっていった。

そうこうしているうちに1ヶ月が過ぎたので、彼女はもはや私のところに戻る気が無いのだと私は判断した。

彼女との別れが前触れもなく訪れたことに私は呆然とし、また、騙し打ちのような彼女からの別れに怒りを覚えた。

でも、ビデオ通話で「今まで有難う」と礼を言う彼女の表情は悲しげなものだったので、私との別れは本意では無くて、彼女自身の将来のためにベトナムで暮らす考えに至ったのだと私は理解した。

タイでは最低賃金しか稼げない

労働許可証がない彼女はタイでは不法滞在者という立ち位置だ。

したがって、毎月ビザランが必要だったり銀行口座が作れなかったりと不便が多く、賃金は一般的には最低賃金でしかない。

だが、数年前に私が喫茶店の権利を買い取ってからは彼女はそこで働いていたので、そのころは最低賃金よりもはるかに多くを稼げていた。

しかし、1年半ほど経つと景気のせいか周辺環境の変化のせいか売り上げが急減していき、ついには喫茶店を手放すことになって彼女は失職に至ったのだ。

となると、普通の働き口では今後は最低賃金しか稼げないことだろう。

今後はベトナムの方が稼げる?

タイよりもベトナムの方が景気の上昇は急速だし、彼女がタイに出稼ぎに来た十数年前よりもタイとベトナムの所得格差が大きく縮まっていることを考えると、今後はベトナムの方が稼ぐチャンスは大きいのかも知れない。

また、彼女はもう1年余りで40代になるので、今のうちに稼いでおかないとという焦りの気持ちもあるのだろう。

これらを考えると、働いて財を成そうとする彼女をバンコクに引き留めようとするのは、私の単なる身勝手と言うことになるだろう。

友達として今後も繋がっていたい…

彼女は私よりも大幅に若くて容姿も性格も申し分がない。
そして、私の健康をずっと支えてくれたのは彼女の料理だった。

そんな彼女は得難い存在で、それ以上の女性を得るのは多分無理だろうから、できるならば私は別れたくない。でも、彼女の人生は彼女のものなので、未練で彼女を縛るのは良くないし、そんな権利は私にはない。

だから、6年間付き合ってくれたことに感謝しつつ彼女を自由にしてあげたいと思う。

私はAirbnbの仕事があるので今後はタイ女性のパートナーを求める必要があるが、彼女もベトナムで新しいパートナーを得るかも知れない。

お互いに新しい人生が始まるので、前だけを見て進んでいきたいものだ。

でも、私にとって彼女との生活は素晴らしい6年間だったので、友達としては今後も繋がっていたいと思う。そして、彼女が助けを求める時があれば、精一杯に手を差し伸べてあげたいものだ。

人生は出会いだカテゴリの最新記事